心の学び

アクセスカウンタ

zoom RSS ありがとうございました

<<   作成日時 : 2015/12/02 13:02  

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 40 / トラックバック 0 / コメント 4

画像




皆様、ご無沙汰しております。


季節も変わり、寒さ厳しくなって来ましたが、
ブログを見て下さる皆様は風邪を召されたり体調を崩されたり
なさっておりませんか?
くれぐれもお身体にはお気を付け下さい。


そして、ブログを見て下さっていた皆様に、
この度ご報告しなければならない事があります。


私(yaar妻)の母が、先月の11月11日に72歳で永眠致しました。

沢山のブログ友達の方に励ましのお言葉に応援、
そして勇気に希望、綺麗なお花やお守りまで頂きました事、
心から感謝致します。




母が胃癌になってから、
何度か私は病院の先生に辛い宣告を告げられて来ました。
ですが、予後に関しては母には内緒にして頂き、
「必ず治る!」と言い続けて来ましたが、
がんセンターでは残り1種類の抗癌剤しかない、
手術も出来ないと言われて来ました。

私はどうしても諦め切れず、テレビで観た兵庫医大消化器外科の
笹子先生に最後の望みをかけてセカンドオピニオンを受けました。
そして、その検査の結果、手術可能とのお言葉を頂き、
今年の1月に手術をして頂きました。

しかし、いざ開腹してみると、膵臓と大腸へ胃から増殖した本来存在しない
血管が癒着しておりました。
ですが、先生は「諦めるのは簡単な事、でも最初から諦めたら何にもならない。
難しい手術だったけど、今自分に出来る事を精一杯やらせて貰いました。」と、
諦めずに力を尽くして手術をして下さりました。

笹子先生のお蔭で、がんセンターでは後数ヶ月(2〜3ヶ月)と
言われていた母ですが、術後には放射線治療の通院もあり、
私の家で一緒に暮らし、家庭菜園をしたり足湯や買い物をして過ごしました。
ですが、抗癌剤治療の影響か、
骨がもろくなり圧迫骨折を繰り返すようになりました。


この様に色々な事がありながらも、先生方の助けもあり、
術後1年近く母は頑張って生きてくれました。

ただ悲しい事に、大病院の内科は冷たく、中堅の他の病院へ転送するだけで、
後の抗癌剤治療への力は入れてくれませんでした。
そして、その転送された病院でも無理矢理退院させられ、
結局は自宅に戻って来ましたが、また直ぐに腰椎を圧迫骨折し、
主人と話し合って全く違う大病院に行きました。
そこでもやはり病院同士の縦社会があるのですね…。



その後、個人病院ですが、最後に引き受けて頂いた病院の先生は、
私の母へ対する想いを重く受け止めて下さり、
圧迫骨折の治療や癌に対する治療も諦める事なく頑張ってくれ、
反対に先生にご迷惑を掛けているのでは?と私が伝えると、
その先生の口から「迷惑?そんな事でグチグチ言う者が居たら
僕が言い返してやりますよ。」とのお言葉を頂き、
本当に嬉しかったです。

その先生は、毎日3回も病室に顔を出して下さり、
母に「痛みはどうですか?しんどくないですか?」と聞いて下さり、
痛いと言えば痛みの強さに合わせ、取り寄せしてまで薬(医療用麻薬)を
直ぐに用意して下さりました。

ただ残念だったのが、母の最期の日です。
母に元気になるからね!と私達は言っていたのですが、
オムツを交換に来た方が、オムツ交換が終わって部屋から出る時に、
「この人、今日危ないらしいで。」と、
母に死を知らせる様に言った事です。
その後、30分もしないうちに母は息を引き取りました。

その場は悲しみが先立ち、怒る気持ちにもならず、
葬儀屋さんが迎えに来る前に私と娘達で母にお化粧をしていました。
すると、帰宅したはずの先生が部屋に来て下さり、
涙を流しながら母や私達に頭を下げて下さりました。

本当に嬉しかった。
本当に優しかった。
感謝と共に、本当に有り難く思いました。



私が想い感じる母ですが、
今はブログ友達の皆様にも心より御礼を言っていると思います。


母に成り代わり、
沢山の励ましのお言葉、応援、本当にありがとうございました。


そして、私達夫婦も本当に感謝しています。
ありがとうございました。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 40
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
本当に皆様頑張られました。残念なことなど一つもないようなサポート。おむつ替えの職業人間は、置いておいて、本当に素晴らしいと思います。送るのは本当に大変ですが、故人は古くなった、不具合のある肉体を脱ぎ捨てるだけです。いずれ再会できますので、心穏やかにお過ごしください。
お母さまのご冥福をお祈りいたします。
言葉を見つけて、記載するのはやめます。
ゆっくり、元気になりましょう!
ベランダ農夫
2015/12/03 17:58
ベランダ農夫さん、コメント有難うございます。

ベランダ農夫さんの仰る通り、辛く苦しんだ闘病生活(服)から、やっと解放されたと思うようにしているみたいです。
義母が生きている時から、葬儀の準備をしている家内を見ていると、いたたまれない気持ちになりました。
義母は私の病気を知っていたので、最期の日にベットの横に居た私に「低血糖大丈夫?心不全は大丈夫?」と言ってくれ、私は「俺の心配なんかせんで良い」と言いながら、お腹いっぱい空気を吸って「ほら見てみ!こんなに太ってるから大丈夫やで」と笑わせ、「この脂肪やろか?」と冗談を言うと、母は「ちょうだい」と言っていました。
母は自分の事より、義理の息子の僕の心配をしてくれるほど優しい母でした。
ベランダ農夫さんも大変な時に母を励ましてくれた事、心より感謝しています。
本当に有難うございました<(_ _)>
★ベランダ農夫さんへ
2015/12/06 11:44
こんにちは。

お母様、お亡くなりになられたのですか。
お力落としのないように。
ご冥福をお祈りいたします。
トトパパ
2015/12/27 13:31
明日からの新年が素晴らしい年であるよう願っています。
喪中かもしれませんが、お祝いとは言いませんが、沢山幸せなことがあるよう願っています。
ベランダ農夫
2015/12/31 17:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
ありがとうございました 心の学び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる